即日キャッシングの審査で注意するべきポイント

急いでお金を工面しなければならない状況に置かれた際に、金融機関が謳っている「即日キャッシング」はまさに地獄に仏です。しかし、即日でキャッシングするためにはいくつかのポイントをクリアしていかなければならない為、金融会社の選択も重要になってきます。

キャッシングの契約完了までに、大半の金融会社は在籍確認を行います。これは申込書にかかれた勤務先に申し込み者が本当に勤務しているかどうかを確認するもので、主に会社に電話をかける形で行われます。(金融会社とはわからないよう個人名でかけます)

在籍確認時に会社が営業している場合は問題ありませんが、土日祝日、あるいは営業時間外だった場合は翌営業日に在籍確認が完了するまでキャッシングができません。

そのため会社の営業時間外(休業日など)に即日キャッシングを利用するためには、書類で在籍確認を行っている金融会社を選択すると良いでしょう。特に消費者金融系のキャッシングは、少額の融資については書類での在籍確認を行っている場合が多くあります。(アコムは必ず電話での在籍確認を行うため除きます)ただし、融資金額や審査の内容によっては書類での電話での在籍確認を必要とされる場合があるので注意が必要です。

在籍確認に使える書類は社員証や会社の健康保険証、給与明細など金融会社によって認められる書類が異なる場合があります。書類在籍確認を希望する場合は事前に問い合わせておくと良いでしょう。

次に、契約が完了した後の融資方法です。もっとも利便性の高い方法はネットで申込、審査が完了したら自動契約機に行き、ローンカードと契約書の控えを受け取るという形です。この方法だと自動契約機のある店舗の大半ではATMを併設しており、その場でキャッシングして帰る事ができます。

近隣に自動契約機がない場合は振込融資(自分の銀行口座に振り込んで貰う)でキャッシングをする事になりますが、大半の金融会社は即日融資の条件に14時頃までに審査が完了していることを提示している事が殆どです。これは当然ながら銀行振込手続きを行いますので銀行の営業時間内でないと振り込みができないからです。

上記の通り、即日キャッシングを実現するためには、在籍確認をいかにしてクリアするか、現金の受け取りをどのようにするか、という点が重要となっています。