借り入れをすると時の本人確認の方法

消費者金融や銀行系のカードローンを申し込む際には審査の中で必ず本人確認をされます。

どういう方法で審査が行われるかというと、まず身分証の提示が求められます。免許証や保険証、住民票の提出が求められます。これはごくごく普通のことですね。

その他に確認されることとしては勤務先です。この審査は会社に直接連絡をし、そこで本当に勤務しているかどうか確認する作業です。

これはほとんどの方が色々な心配をされますが、必ずと言っていい程避けては通れません。ただオペレーターは会社名などは名乗らず、個人名で連絡をしますので、借金をすることなどは同僚などに知られることはまずありません。

家を買うときなど銀行で融資を受けるときなども、在籍確認は必ずといいほどありますのであまり心配する必要はありません。

もう一点、自宅に連絡をされる場合もあります。住んでいる場所の確認です。

家族などに内緒で借りる方もいるかもしれませんが、この場合も個人名で連絡をしてくれるので、後に○○さんという方から電話が来ていたよと言われるかも知れませんが、知られたくない方はそれとなく、‘会社の人だわ’とか‘何かの営業じゃないかな?’などでごまかせば問題ないと思います。

おおよそこのようなことが借り入れを申し込む際に必要だと思ってください。