信用保証会社で審査のゆるさを判断できる?

保証会社というものがあるおかげで、我々は保証人なしでキャッシングができるわけでありますが、保証会社によって基準というのは違います。

そういった保証会社の基準についてはもちろん内部事項ですから外からはわかりません。

ですが、保証会社がどこであるのかによって審査が緩いかどうかがわかる可能性もあります。

例えば、審査通過率を公開している会社についている保証会社を見ることによって判断できるかもしれません。

審査の通過がいいところであるのなら、保証会社としてもそれに準じてゆるめになっているようなことが推測されるからです。

審査が通りやすいなら、保証会社は他の会社でもゆるくやってる可能性高いでしょう。

かなり十和マシに判断する方法ですが、そういったスキルも通りやすくなるコツです。

完全に無職の人がカードローンを契約する方法

専業主婦や年金生活者ではなく、完全に無職の人はカードローンを絶対に契約できません。

どのカードローンも安定した収入があることが申し込み条件だからです。では嘘をついて働いていることにしたらどうでしょうか?

例えば世の中にはアリバイ偽装会社というものがあります。

主に風俗嬢などが普通の会社に働いていることにするために、電話などの対応を行ってくれる会社です。

もし無職の人が本人確認を運転免許証で行い、在籍確認をアリバイ偽装会社にお願いしたら、嘘の会社に在籍していることになり契約が可能です。

しかしバレた時が大変です。金融機関に詐欺で訴えられるかもしれませんし、支払えなくなった場合は自己破産できない可能性が高いです。

ですからアリバイ偽装会社を使って契約するなら、絶対に滞納しない覚悟が必要です。

キャッシング審査が通りにくい月は

必要な時にお金が借りれないのは困るもの。そういう時にキャッシング業者は強い味方です。ではこのキャッシングに成約率が低くなる月があるってみなさんご存知でしたか。

その月は7月と12月です。この月は申し込み件数も減りますが、成約率も下がるのです。なんでだろかというとこの2ヶ月間はボーナス時期ですね。つまり、現金がみんな沢山あるので申し込み件数が減るのです。加えて、成約率が減るのは1年で2回のボーナス月とかに借りに来る人は万年金欠なので貸し倒れリスクが高く敬遠されているといった理由の様です。ボーナスない職種の人もいるでしょうに。

ということで、キャッシングが必要になった場合は7月と12月を避けた方が無難と言えるでしょう。

自動契約機でのキャッシングの申し込みについて

多くの消費者金融会社は、自動契約機を設けています。人目を気にすることなく契約の手続きをできるのはメリットですが、

初めて契約をする場合などは不安に感じてしまう人も多いことでしょう。自動契約機での契約はどれくらいの時間がかかる

のか、またどのようなことを聞かれるのかと、あれこれ考えてしまうかもしれません。自動契約機での契約手続きでは、40

分から1時間くらいの時間を要します。審査がスムーズに終われば、即日融資も可能です。

自動契約機での契約手続きの前にオンラインで簡単なスピード審査を行っている会社もあります。現在の職業や借入希望額な

ど簡単な入力項目だけで借り入れが可能かどうかがわかるというものです。このオンライン審査を事前に利用しておくと、自

動契約機での操作を大きく短縮することができます。個人情報や勤務先なども入力しておくことができるので、自動契約機で

の審査がさらにスピーディーになります。お急ぎの方にはぜひおすすめの方法です。

自動契約機では、身分証明証の提示を求められ、個人情報、そして勤務先情報などが聞かれます。借入希望額などをここで伝え

それから審査に入り、勤務先への在籍確認が終わると無事審査完了です。

プロミスのカードローン、それは多重債務者の最後の一手

大手消費者金融のプロミスには、とてもお世話になっている。

私は、いわゆる多重債務者である。総量規制なんて遥か下に置き去りにしており、またクレヒスも血だらけの傷だらけだ。毎月給料のほとんどを返済にあて、それでも払えない時は数社滞納してしまう。そんな私でも、プロミスだけは必ず払うようにしている。

理由は、他社より審査が良心的だからだ。実はすでにカード停止になってるものがほとんどであるが、プロミスはこの期に及んでもカード限度額の引き上げを提案してくる。おそらく他社とは違う査定方法をしており、またプロミスへの支払い実績がかなりのウエイトを占めているものと思われる。だから、私はプロミスへの支払いだけは欠かさないのだ。

お金に対するストレスは非常に深刻だ。衣食住揃っていても、毎日血と汗を流しながら手に入れたお金のほとんどを返済にあてるのは、それが自分が招いたことであるとはいえ、辛いことである。キャッシングは金利も高いため入れた金額が意外にも元金を減らせてなかったりするのもストレスの一因である。

完済を目指し日々苦労しているが、社会的信用がなくなった状態で、プロミスのような甘い審査は非常に助かる。負債を増やすことになると言われればそれまでであるが、多重債務者の最後の一手、保険としてプロミスはそばに置いておいて損はないと真に思う。

キャッシングの利用限度額の増額申込みについて

キャッシングは必ず利用限度額が設定されています。無制限にキャッシングを利用できないことは誰でもわかっているはずです。とくに初回のキャッシングでは利用限度額はかなり抑えられる方が普通ですから、なんとか利用限度額を増やせないものかと思っている人も少なくありません。キャッシングの利用限度額の増額申込みのタイミングは2つあります。

一つは金融機関から利用限度額の増額案内があった場合です。しっかりとキャッシングの返済をしていれば、金融機関から利用限度額の案内が電話や郵送、メールなどで案内されます。これらの案内があり、利用限度額の増額を希望すれば金融機関から審査後に利用限度額の増額が決定されます。100%確実に利用限度額の増額がなされるわけではありませんが、審査に通らないということはほとんどありません。

もう一つは利用者から金融機関に増額を希望する場合です。こちらも電話やサイト、来店などで利用限度額の増額申込みをすることができます。やはり、増額申込があれば金融機関は審査をした後に利用限度額の増額が決定されることになります。しかし、先の金融機関から利用限度額の増額案内があった場合と比べると審査に通る率は少ないのが現状です。

消費者金融からお金を借りる時に心掛ける点

金欠の状態になった時は即日融資を受ける事が出来る消費者金融を利用するのが一般的ですが、金利が高く設定されているので返済が困難になってしまう可能性もあります。返済が困難になると任意整理をしなければいけなくなるので注意が必要です。そこで消費者金融からお金を借りる時に心掛ける点をいくつか挙げていく事にしましょう。

・必要最低限の借入をする

消費者金融はWEB完結で申し込んで振込キャッシングでお金を借りる事が出来るのですごく便利です。それで必要以上にお金を借りてしまい返済総額が多くなってしまう事があるので必要最低限の借入をする事を心掛けておく必要があります。また返済計画もしっかり立てておく方がいいでしょう。

・大手を利用する

消費者金融は大手から中小まで多くの業者があります。審査は中小の方が可決率が高いので早くお金を借りる事が出来ますが、サービス面が充実していないので返済に負担がかかってしまう事が多いです。しかし大手は初めて利用する人が最初の30日間無利息でお金を借りる事が出来るなど高金利に対応するサービスが提供されているので返済する時の負担も軽減されます。消費者金融からお金を借りる時は返済する時に負担をかけないように大手を利用するようにしましょう。

キャッシング検証で行き渡る地点

キャッシング 支払した代金を返済するのは当然なのですが、ほんとに借り入れる事項ばかりに気配りがいってしまい、支払の編制などはそこまで具体的にはわかっていないという方もいらっしゃるでしょう。なのでこれから知っておきたいキャッシング支払に関する事を紹介していきたいと思います。
キャッシング支払には利子がつきますし、カード分割払いやクレジットカードごとに支払仕法がありますので、それにのっとって自分で月額どのくらいの返済額になるのかの割り出しはしにくいかと思います。そうなった時には、支払シミュレーションを利用してみて下さい。借入金と利子などを入力すると、自動で返済額を計算してくれますので心から便利だと言えるのではないでしょうか。各カード分割払いやクレジットカードのホームページやマイページなどで支払シミュレーションは利用ができますので、次々活用していきましょう。
またカード分割払いの事例、一度借受をしてそれを依然として支払していないとしても、限度額内であれば何度も追加でキャッシングがやれるという事も比較的知らないほうが多いようです。こちらもあわせて覚えておきましょう。ただし借り過ぎには十分に注意を払うようになさって下さい。

キャッシングの審査の前に注意して欲しい事

キャッシングを利用する為には審査に通る必要があります。

消費者金融でお金を借りるにしても銀行で借りるにしろ必ず審査というものはあります。

この審査というのは、借りる人がどういった人物なのかを調べる事です。

例えばお客様は働いているのかどうか、過去にお金を借りた事がある人なのかどうかをチェックします。

要するにお客様が信用できる相手かどうかを確かめる作業です。

年収が多ければ多い程信用はされます。

ただ大切なのは月に安定した収入がある事が大切です。

たとえアルバイトやパート勤務の人であったとしても、月に固定した収入があるのであれば審査に通る可能性もあります。

そして過去に消費者金融でお金を借りた事がある方は、返済が遅れていなかったどうかをチェックします。

過去の情報であったとしても、そういった情報というのは共有されているので隠す事はできません。

しかし過去に借りた事がある方でもしっかりと返済をしていたのなら何も問題はありません。

審査というのは信頼できる相手かどうかをチェックする作業なので、信頼できそうと思われれば審査には必ず通ります。

あまり緊張せずに、リラックスした状態で審査にのぞんでみるといがいと簡単に通ったりします。

キャッシングのそのもの裏付け、何が責任?

スピーディーに対応してくれるのが、キャッシングのよさだ。誰に遠慮することなく、気軽に借入金を行うことができます。キャッシングに初めてトライするクライアントからは、「本人検証シート、何が必要なの?」という設問はそれほど聞かれます。本人検証シートはキャッシングブランドが「この人はちゃんと返済能力がある人なのか」を客観的に決意を始める大切なシートのひとつです。
面倒だからと本人検証のシートなどを送らずにいると、審査がスムーズに進まず、場合によっては借入金不能となってしまうこともあります。スムーズな借入金のためには「丁寧に本人検証シートをそろえる」ことが大切になります。

一般的なキャッシングのこと、本人検証シートとしてあるのが、「オペ資格」「パスポート」「屈強保険証明」などになります。オペ資格を送ること、「転居をしたクライアント」は忘れずに裏側のエリアもコピーして送りましょう。パスポートは公ではなくエリアやムービーがある先をコピーするので、間違えないようにしてください。

海外に籍が生じるクライアントは在留カードや桁外れ永住者資格などをプラスすることも、お忘れなく…。またこういうほかにも、源泉仕入れ票や年俸明細書を求められる場合もあります。義務シートはちゃんとそろえて中途半端のないようにすると、スピーディーにキャッシングが進みますよ。