自分のお金なのに利息が掛かる?笑うに笑えない痛いミス

最初にクレジットカードを作ったとき、痛いミスをしました。出先でお金が足りなくなり、キャッシュカード感覚でお金を引き出してしまったのです。クレジットカードがあると、買い物代金の支払いに使えるだけでなく、お金が引き出せると思い込んでいたのが原因です。ちなみに、そのときの金額は1万円でした。

数日後、通帳の記帳をしましたが、お金を引き出した日に払い戻した形跡がありません。不思議に思いながら翌月のクレジットカード明細を見ると、引き出した金額の記載があり、しかも、利息まで取られていたことに気付きます。

私がクレジットカードで引き出したお金は、自分のお金ではなく「借金」。つまり、クレジットカードの「キャッシング枠」を利用していたのです。この件を機に、自分の認識不足を深く反省することになります。それ以降、財布の中にはキャッシュカードを入れるようになりました。

もちろん、クレジットカードのキャッシング枠は、口座残高がないときに便利です。しかし、自分のお金だと勘違いしないこと、利息が掛かることを覚悟する必要があるのではないでしょうか。